ニュースリリース

G20サミットが大阪で開催。我々にもできることをみんなで学びたい。

G20サミットが2019年6月大阪で開催されます。日本が議長国となるサミットとしては参加国、参加者数で史上最大規模となる予定です。今回のサミットの主要テーマの一つに『海洋プラスティック汚染』があります。

海洋プラスティック汚染知っていますか?

手軽で安価で包装や梱包に使用されてきた「プラスチック」その分解のされにくさがごみとして捨てられると分解されず、鳥や魚などを傷つけてしまいます。また紫外線や、波の影響で細かく削られたプラスティックは「マイクロプラスティック」として小さな生物に取り込まれ最終的には食物連鎖の頂点の我々が摂取します。

2015年に発行された学術誌サイエンスによると、海洋プラスチックの発生量が最も多い国は東・東南アジアに集中しているが、日本はアメリカに次ぐ使い捨てプラスチック排出量が多い国だそうです。

日本は今後プラスティック使用の減少(リデュース)とリサイクルするプラスティック(マテリアルリサイクル)の比率を高めることです。日本のプラスティックリサイクルには燃焼するときの燃料にするサーマルリサイクルも含まれていますが、ヨーロッパなどではサーマルリサイクルはリサイクルとは認めていない国が多いのです。

G20の開催は日本をはじめ世界各国の今後に大きな影響を与えます。しかし、一般の市民の方に「国際問題」といわれても、時間がわきません。G20で話し合われることを、市民社会ともつながっている、また我々でもできることを市民の皆さんに発信、共有することも大切ではないでしょうか?

浪速区では、2018年12月からほぼ月に1回のペースで「ごみゼロ大作戦」を行ってきました。自分が住む・働く・好きなまちをきれいにしませんか?という呼びかけに毎回100人以上の方が集まってくださっています。次は6月1日に第6回ごみゼロ大作戦を開催いたします。

https://www.city.osaka.lg.jp/naniwa/page/0000469171.html

この清掃は6月に開催されるG20の前に大阪市をみんなできれいにして各国首脳の皆さまをお迎えしようと サミット開催前の5月24日から6月6日までの14日間において「G20大阪サミット“クリーンUP”作戦」を実施する活動の一環です。

「G20大阪サミット“クリーンUP”作戦」を実施します
「G20大阪サミット“クリーンUP”作戦」について 大阪市では、平成10年度から大阪市一斉清掃を実施し、多くの市民・事業者の皆さまと行政の相互のパートナーシップを図りながら美しいまちづくりに取り組んでまいりました。平成23年度からは、「大..

清掃活動後「G20」をもじって、「G0サミット」(ごみゼロサミット)と題して、市民の皆さんで、「海洋プラスティック汚染」や「マイクロプラスティック」や先日もブログに書いた「食品ロス」。そして『持続可能な社会に必要なものは何?』それを17の目標にしたSDGs(
エスディージーズ )についてみんなで学べるような機会を作りたいなぁと漠然と考えています。せっかく、毎月清掃活動の予定し、呼びかけるとたくさんの方が時間を作って参加してくださるのだから、これからは、町をきれいにしたら、世の中がどう変わるのか、また同じようにたくさんの方が同じ思いで参加すれば世の中こんなことも変えることができるかも、というような情報の共有をできる場を作りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました