ニュースリリース

あなたの町の地域福祉(サロン活動)

いつまでも住み慣れた地域で、いきいきと元気に過ごせるように区の社会福祉協議会と地域のボランティアの方が様々な地域福祉活動が展開されています。これらの活動は、同じ地域に住む住民が互いに支え合い、すべての人が楽しく、安心して暮らしていけるまちづくりをめざして取り組まれているものです。
浪速区でも区内を11の地域に分け各地域で地域福祉活動が展開されています。その居場所づくりの取り組みを「サロン」や「コミュニティサロン」と呼んでいます。

高齢者にサロンが人気?今話題のサロン活動とは - NAVER まとめ
全国で5万ヶ所もあり、現在も広まっているサロン活動とは一体何なのか。

11地域で実施されているサロン活動は次のようなものがあります

「ふれあい型食事サービス」

おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者・高齢者世帯などを対象に、地域会館などでの会食会や自宅への配食をおこなっています。昭和47年に住吉区墨江地区にて全国でも先駆的に実施された活動です。利用には事前の申し込みが必要です。対象者・実施形態・調理方に、区や地域によってそれぞれ特徴・傾向があります。

塩草地域の食事サービス

「ふれあい喫茶」

地域で暮らす人たちが、集い・交流することができる場として、地域会館などで実施され、コーヒー・ジュースなどが100円程度で提供されています。事前の申し込みなく、子どもから高齢者まで、どなたでも参加できる活動として広がっています。

日東地域喫茶サービス

「子育てサロン」

身近な地域で、乳幼児と保護者が楽しく遊べ、子育ての悩みを相談でき、仲間の輪が広がることを目的に開催されています。地域の集会所や学校の空き教室などを会場に、多くの地域では月1~2回程度、定例的に行われています。

敷津地域子どもサロン「ぽんぽこ」

浪速区内の地域福祉活動は浪速区社会福祉協議会の地域福祉のページをご覧ください。

地域福祉 | 社会福祉法人大阪市浪速区社会福祉協議会
地域福祉 のページ。 福祉の総合窓口として相談業務やボランティア等、地域福祉全般を区民の皆様と共に推進します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました