ニュースリリース

スマホで接種証明書12月20日から

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」がダウンロード開始

デジタル庁では、緊急事態宣言時でも行動制限を緩和するために12月20日新型コロナワクチン接種の電子証明書の運用を開始、iPhoneとandroid端末でアプリがダウンロード可能になった(※1)

※1 ただし、アプリをインストールしてワクチン接種証明書を表示させるには
1・NFC対応のスマホでないとだめ。(NFCとは、「端末をかざすだけで通信ができる技術」)
2.マイナンバーカードを持っていないとだめ(通知カードではだめです)
3.マイナンバーカード取得時に登録した4桁の暗証番号が必要です

この条件を満たせばスマホで新型コロナワクチン接種の電子証明書が取得できます。

新型コロナワクチン接種証明書をアプリで取得は「APP Store」でも「Play ストア」でなく、デジタル庁のトップページから

アプリを取得するのにiPhoneなら 「APP Store」 androidなら 「Play ストア」 が自然なながれなのですが、なぜか、両方とも検索しても出てきません。そこでデジタル庁のトップページからリンクをたどりインストールしてください。

デジタル庁
デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDXを大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げることを目指します。

また、利用できない人や、誤った情報が出てくるケースもある。大阪市は20日から対応しているが対応していない自治体もあるそうです。
うまいこといかない場合は上記の点に注意してもう一度ご確認いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました