ニュースリリース

11月30日幸町防災訓練

11月30日(土)10時より幸町日吉橋の近く道頓堀水門付近で幸町地域活動協議会の防災訓練が行われました。地域防災リーダーの方は可搬式ポンプを使い実際に放水訓練を行いました。

その他の方は、災害時の炊き出しを想定しアルファ化米の炊き出し訓練を行いました。

コロナ禍で昨年は放水訓練ができていない中、地元浪速区の消防署の方から手順を確認しながら確実に放水できるように訓練を行いました。

その時に消防の隊員の方が説明させていましたが、可搬式ポンプは消防も定期的にメンテナンスを行っていてエンジンは月に1回くらいは試しがけされているそうです。(なるほどそれでチョーク引かなくてもすぐにかかるのですね)

また訓練後道頓堀水門の水を放水したので、ここの水は汽水なので我々が持ち帰り真水で荒い錆びないようにしますと言われたのが印象的でした。

また各地域にある可搬式ポンプを置いてある倉庫にはポンプの指導の仕方が載った動画のQRコードがはってあります。いざという時に携帯の電波が使えれば動画を見ながら使用することができます。

区内の消防ポンプ収納庫にはメーカー3社のいずれかが製造した可搬式ポンプが収納されています。浪速区役所では各メーカーごとの動画を作り対応した動画を可搬式ポンプのQRコードを外側にはっております。

「可搬式ポンプの使い方」の掲示について
「可搬式ポンプの使い方」を是非ご覧ください!! 「可搬式ポンプの使い方」ポスター この度、浪速区内20か所に設置されている消防ポンプ収納庫の扉に「可搬式ポンプの使い方」のポスターを掲示しました。地震などの大規模災害時には、大阪市内のいたる..

コメント

タイトルとURLをコピーしました