ニュースリリース

「まんぼう」とはなんぞや!

新型コロナ対策で耳にするようになった「まんぼう」。大阪は「まんぼう」関係あるの?私たちの生活にどうかかわりがあるの?ちょっとまとめました。

「まんぼう」とは

「まんぼう」の正式名所は、「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」。措置なのです。措置とはオリンピックを開催した場所ではなく、解決をつけるために取り計らうこと。処置。その手順のことです。

「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」は、感染拡大が起こった地域で、集中的に対策するための手順のこと。日本政府が宮城県、大阪府、そして兵庫県において、特定の地域において感染が急拡大している。そういう中で、専門家の皆さんの御意見を伺った上で、対策を講じることにしました。そこで大阪府を含む3つの地域に4月1日から「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」が処置されました。

緊急事態宣言とどう違うのですか?

緊急事態宣言はステージ4ですが、「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」はステージ3らしいです。

緊急事態宣言は、首相が都道府県に対して発出します。一方で、「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」は、首相が都道府県に発出してから、対象地域を都道府県知事が決定します。大阪府の場合でいいますと大阪府全域が「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」の対象地域でないこともあります。

対策内容はほとんど同じですが、時短営業要請を拒否した場合の罰金(過料)が緊急事態宣言下では30万円でしたが、「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」では20万円だそうです。

具体的に大阪府はどうなるんですか?

大阪府は1日夜、対策本部会議を開き、大阪市を重点措置の対象地域としたうえで、措置の期間中、市内の飲食店などを対象に営業時間を夜8時までとするよう要請することなどを決めました。

ソース元:NHK

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210401/2000043338.html

めんどくさい人はここだけ読んでください

大阪府では「まん延防止等重点措置(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)」が適応され、4月5日(月)より5月5日までの間、夜9時までとしている営業時間の短縮要請を1時間早め、夜8時までとするよう改めて要請することを決めました。
また、大阪府内のすべての飲食店などに対し、▼会食する際のマスク着用を客に周知することや、▼正当な理由がなく着用に応じない客の入場を禁止すること、▼店内にアクリル板や二酸化炭素の濃度を測定するセンサーを設置すること、▼カラオケ設備の利用の自粛などを要請します。
さらに、府民に対しては、▼4人以下でのマスク会食の徹底や、▼少しでも症状がある場合は早めに検査を受けること、▼時短要請の上限時間以降、飲食店などにみだりに出入りしないこと、▼歓送迎会や宴会を伴う花見は控えること、▼大阪市内での不要不急の外出や移動の自粛、▼大阪府外への不要不急の外出や移動の自粛を求めることも決めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました