ニュースリリース

つながる電話

この事業は民間の支援団体や社会福祉法人などからある程度伴走支援を受けている方が対象です。詳しくはこの記事の一番下の公式サイトをご覧ください。

コロナ禍の中、私たちは「コロナの影響で仕事がなくなった」「住んでいたネットカフェが休業し行き場がない」などのSOSに支援対応を続けています。
そんな彼らの半数以上が「電話番号がない(止まっている)」あるいは「まもなく失ってしまう」という状態。
命綱はコンビニのフリーWi-Fi等でその加保沿い回線越しにようやくつながっている状態です。
電話がかけれないと社会復帰の妨げにもなるので、NPO法人ぴっこラーレ、合同会社合同屋が東京アンブレラ基金の枠組みで本人の負担ゼロの携帯電話を貸し出す事業を始めます。
本人の負担0円で通話可能な050番号を貸与。着信は無制限ですが、発信は事前登録の2か所、ウェブは低速ですが閲覧可能です。

つながる電話 本人負担ゼロで携帯電話を使ってもらい「すまいや仕事へつながる」を実現 | 東京アンブレラ基金
「今夜、行き場のない人」を誰ひとり取り残さないための基金

コメント

タイトルとURLをコピーしました