ニュースリリース

4月1日から「雇用調整助成金」拡充(厚生労働省)

雇用調整助成金の特例措置4月2日発表

「雇用調整助成金」は、売り上げが減少しても従業員を解雇せずに休業や出向などによって雇用を調整した企業に国が手当の一部を助成する制度 「雇用調整助成金」は、売り上げが減少しても従業員を解雇せずに休業や出向などによって雇用を調整した企業に国が手当の一部を助成する制度 「雇用調整助成金」は、売り上げが減少しても従業員を解雇せずに休業や出向などによって雇用を調整した企業に国が手当の一部を助成する制度です。

4月2日から特例措置が拡大

厚生労働省は4月1日(水)から、新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置を拡大した。

出典:新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の拡大

4月1日~6月30日を「緊急対応期間」とし、感染拡大防止のためこの期間は全国で特例措置を実施します。

雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)
厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主の皆さまに、雇用調整助成金を活用し雇用維持に努めて頂けるよう、特例措置を更に拡充しています。また、申請手続等の更なる簡素化により、事業主の申請負担を軽減し、支給事務の一層の迅速化を図ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました