ニュースリリース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う学校園の臨時休業措置について

2020年2月29日大阪市ホームページより

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防のため、令和2年2月29日(土曜日)から3月13日(金曜日)まで、大阪市立学校園(幼稚園(一時預かり事業含む)・小学校(いきいき放課後事業含む)・中学校)は臨時休業とします。高等学校については、府の取り扱いに準じます。ただし、いきいき放課後事業は3月14日(土)も休業します。

臨時休業期間中に予定されている卒業式については、必要な感染対策を講じたうえ、参加人数を最小限とし、時間を短縮して実施する予定です。

高校入学者選抜にかかる出願等の手続きにかかわっては、濃厚接触を避けるよう配慮し、各校において実施します。

休業期間中、学校園は、保護者による健康観察をとりまとめ、発熱等のかぜ症状がみられる場合は教育委員会に報告することとしています。

幼稚園や小学校低学年の幼児・児童等について、ひとり親家庭や保護者が医療関係者であるなどで、どうしても仕事を休めない場合は、学校園に相談いただくようにしています。 

今後、詳細については、学校園を通じて保護者に周知します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う学校園の対応について【令和4年4月26日更新】
新型コロナウイルス感染症に伴う学校園の対応状況について 授業・保育について 幼稚園 通常保育 小学校、中学校及び義務教育学校 通常授業 学校園における教育活動について ・長時間、密集又は近距離で対面形式となる活動等については、感染症対策を..

コメント

タイトルとURLをコピーしました