ニュースリリース

Clean Up Meet Up 桜川「ごみゼロアートウォーク2020」終了いたしました。

【速報】約150人が参加し、無事に終了いたしました。

2月15日に浪速区の南海電鉄汐見橋駅スタート/ゴールで桜川「ごみゼロアートウォーク2020」を開催。お昼前に無事に終了いたしました。
今回はごみゼロアートウォークということで、事前に14のごみ箱アートを鑑賞しながら1時間のごみ拾いを行いました。

14のアート作品のうちCREA/Meさんから
橘ナオキさん
高棹祥太さん
俣野 蜜さん
瀧居 睦さん
ムラバヤシケンジさん
岡本晃典(ジューシー)さん
のアーティストに作品を依頼したり、

浪速区・西区内の学校、難波中学校美術部なにわ高等支援学校美術部堀江中学校美術部大国保育園や、区内の様々な団体ソルトバレー芦原橋ひとしごと館、や遠くは池田市のスマイルファクトリーや個人でトイボックスの栗田拓さんのご協力のもと14のごみ箱アートが集まりました。

なにわ高等支援学校美術部
ひとしごと館
難波中学校美術部

このようなごみ箱アート作品が全14個町中に配置されました。

開始前のごみ箱アートが集まった時。

2月15日午前10時

そして桜川「ごみゼロアートウォーク2020」が始まりました。開始10分前には100人近く集まっていました。

10時開始時の様子

記念撮影をしてスタートです。

ごみを拾いながら気に入った作品に投票用のビニール袋にごみを入れて投票する(捨てる)というちょっと変わった採点方法です。

作品の横には作家さんや、コンセプトなどの説明書きも

終わると汐見橋駅に14のアートごみ箱が終結

いろんな方がいろんな想いで参加

グリーンピースさん

そして投票の結果最優秀に選ばれたのが 時を編むイラストレーター 俣野 蜜さんです。

おめでとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました