ニュースリリース

大阪市こどもサポート推進員(会計年度任用職員)募集中です。

大阪市内の区役所で勤務するこどもサポート推進員(会計年度任用職員)の任用候補者を募集してます。

大阪市が令和2年4月1日から令和3年3月31日までのこどもサポート推進員 (略して子サポ)を募集中です。募集は70名。現在は先行9区でしたが、今年から24区で募集開始。

こどもサポート推進員(子サポ)ってなに?

子サポって何?聞いたことないわと言う方はリンク先の 「大阪市こどもサポートネット事業実施要綱」 をお読みください。

大阪市こどもサポートネット事業実施要綱
1 事業趣旨・目的(1)国は、こどもの貧困対策を総合的に推進する必要があるとの考えから、平成25年6月「子どもの貧困対策の推進に関する法律」を公布し、同法に基づく「子どもの貧困対策会議」等での議論を経て、平成26年8月「子供の貧困対策に関..

|ι´Д`|っ 長すぎるという方は下記の5つの職務だけでも理解してください。

  • 担当中学校区内の学校園等におけるスクリーニング会議Ⅱのアセスメントに参画する。(学校園等の巡回には、主に自転車を利用する)
  • 区役所・保健福祉センターの関係部署及び区内関係機関と連携し、スクリーニング会議Ⅱにおけるアセスメント結果による適切な支援につなぐ。なお、家庭訪問(アウトリーチ)が必要な場合は、学校園等と連携したうえで、保健福祉等の制度説明や必要な申請手続き等を支援する。
  • 適切な支援につなぐため、区内及び担当中学校区内の学校園等をはじめ、子育て支援に関する地域資源(インフォーマルな資源を含む)の状況を把握する。民生委員・児童委員、主任児童委員等と連携し、地域における見守りや支援につなぐ。
  • 学校園等や関係機関、地域団体、NPO等に対し、こどもの貧困対策の推進に関する研修を実施すること。また、こどもの居場所などの地域資源の開発につなげる相談支援を行う。
  • その他、こどもサポートネット事業に関する業務(庶務業務を含む)に従事する。

わかりましたか?これを読むのも面倒と言う方はこちらの図を見てください。

なんとなくわかりました?

子サポの配置が今年から大阪市全区になります。

平成30年度の募集は此花区・港区・大正区・浪速区・生野区・住之江区・平野区だった子サポですが、今年度の募集は大阪市24区全区になります。そして、雇用形態も今話題の会計年度任用職員に変わります。

誰が応募できるの?

応募資格は次の通りです。

  • 社会福祉士または精神保健福祉士の資格を有する者
  • 社会福祉主事として、2年以上の福祉事業等に従事した者
  • 自治体において、福祉関係業務または市民活動関係業務について2年以上の従事経験を有する者、もしくは同等の経験を有する者
  • 教育職員免許状を有し、2年以上の実務経験を有する者(講師等を含む)
  • 児童養護施設や母子生活支援施設等の社会的養護施設において、2年以上の相談支援業務に従事した者
  • 前各号に準ずるもの

受け付けは 令和2年1月10日(金曜日)まで(必着) までです。

https://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000487048.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました