ニュースリリース

今日6月16日からは一段と水害に気を付けましょう。そのわけは

出水期って言葉をご存知ですか

みなさんは出水期(しゅっすいき)という言葉をご存知ですか。梅雨、台風や豪雨など、降雨量が多く洪水が起こりやすい時期のことを「出水期」といいます。淀川を管理する淀川河川事務所管理区間の出水期は、6月16日から10月15日としています。
出水期の間は水害に気を付けなければならない期間です。皆さんはこれからの時期特に水害にはお気を付けください。

2019年淀川左岸水防団訓練の様子

大阪市内では洪水・高潮・津波による水災害が高まる中、水防団員が不足しております。
生命・財産を守るために堤防の警戒、防潮扉開閉操作等を行う水防団員を緊急に募集しています。防御地域内で在住・在勤されている18歳以上の元気な方のご応募をお待ちしております。

淀川左岸水防事務組合
水防事務組合とは、水防法により洪水、津波又は高潮による被害を防ぐことを目的とする市町村が、水防だけを事務処理するために設けた組合をいいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました