ニュースリリース

SDGs(持続可能な開発目標)とローカルメディア

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2015年9月、ニューヨーク国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、193の加盟国によって「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030アジェンダ)」が全会一致で採択されました。

このアジェンダでは、「誰一人取り残さない-No one will be left behind」を理念として、国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するための重要な指針として、17のゴールが持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)として設定されました。保健、教育など、ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)の残された課題に加え、この15年間に顕在化した都市、気候変動、格差などの課題の解決を目指します。

SDGsを達成するためには、一人ひとりに焦点を当て、これを、貧しい国、中所得国、豊かな国のあらゆる国々で取り組むことが必要です。さらに、民間企業や市民社会の役割が益々高まり、あらゆるステークホルダーが連携すること(グローバル・パートナーシップ)も求められています。

世界レベルでないSDGs

上記に書いた世界レベルで 持続可能な社会を実現するだけがSDGsではありません。例えば3番のすべての人に健康と福祉をというゴールがあります。目標の内容あらゆる年齢のすべての人の健康な生活を確保し、福祉を増進することです。
なぜ、この目標が設定されたのですか。 あらゆる年齢のすべての人の健康な生活を確保し、福祉を増進することは、豊かな社会の構築にとって重要だからです。

この問題は、SDGsの関連のサイトを見ると開発途上国で必要な医療を受けられない人の数などが例としてでてきますが、日本国内で考えるとどうでしょうか?
日本でも「絶対的貧困」は少ないものの、「相対的貧困」は先進国の中では比率が高い国です。「相対的貧困」とは「格差」と置き換えた方が頭に入りやすいかもしれない。
それに超高齢化社会に直面して、地域福祉は、高齢者の対応でいっぱいである。措置の時代から、介護保険に至る時期、在宅介護支援センターなど地域福祉の制度ができあがってきた時代福祉に携わってきましたが、そのころから今まで圧倒的に足りないのはマンパワーでなく情報の蓄積です。
WAM NETが立ち上がったころに将来はこのページだけで福祉のことが調べられると言われていました。確かに制度など情報量はありますが、個別の相談援助や在宅で生活するための資源などの情報は掲載されていません。
そこで、福祉に必要なのは地域資源などの情報の蓄積と専門職から地域の方までが幅広くかかわりそして情報を共有することだと思います。 問題の発見から解決まで、多様な担い手との協働で展開する総合性が特徴です。もし地域の資源などの情報をみんなで共有できれば、たった一人の問題も地域の課題としてとらえ、地域で予防・解決できるまちづくりが可能かもしれません。

SDGsの理念「誰一人取り残さない-No one will be left behind」も同じことを言っている思います。情報発信で多くの方に地域の情報をしってもらいフォーマル・インフォーマルネットワークを構築に制度のはざまのメッシュを狭めていきたいと思います。

長文になりましたが、知らないことは尋ねられてもわかりませんしね。でも知ってることは教えてあげることができますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました