ニュースリリース

検索エンジンからの流入が10件突破!

1日に検索エンジンから10件のアクセスがきたってそんなにうれしいこと?

中の人
中の人

はい、サイトを公開して1か月くらいの短い期間ではとてもうれしいことです。

できるだけ情報のオープン化を行ってサイト運営側の情報も共有していきたいので、サイトの内側のことも記事にしています。同じ地域情報を発信する人の少しでもお役に立てばと思っています。

令和元年5月1日年号が変わるのと同じ日にスタートしましたこの浪速区の情報ローカルメディア「なにわにくらす」。公開から1か月と7日で検索エンジンから飛んでくる人が10件/日を初めて超えました。
検索エンジンから飛んでくるのは何かのキーワードを入力して、調べていことがあった人。そんな人がたくさん検索エンジンから飛んでこられるとこのサイトの存在意義が高くなります。

浪速区の現状から幅広い情報発信の必要性

浪速区は人口7万人強のうち、外国人住民が10%超えています。また転入・転出率も高いのも特徴で、人口流動が激しいのも特徴です。そんなじゅみんの人に対して、引っ越してきたばかりの人、簡単な日本語なら読める外国の人にむけても意識して情報を発信すれば、地域のイベントに興味を持っていただけるんではないだろうかと、日々情報を発信しています。
そんな中、浪速区役所主催で昨年から実施している『ごみゼロ大作戦』。ホームページやSNSで積極的に呼びかけています。キーワードは「どなた様でも手ぶらんでご参加いただけます」

アンケートをとると毎回大阪府外の方も参加してくださっていて、それが運営側としては、とても励みになります。
参加者のお住まいもさることながら、浪速区内にお住みの方も、今何を不便と感じていて、何を調べたいかなど検索キーワードから分析し、情報を発信する側のヒントにしたいと思っています。
ですが・・・

実はわからない「検索キーワード」

実は自分のサイトにGoogleなどからどんな検索ワードで飛んできたのか、実は2011年以降わからなくなっているのです。その原因はセキュリティが高くなると言う方式SSL(Secure Sockets Layer)をGoogleが導入したことです。
簡単にいうと、Googleから飛んでは来て検索エンジンから飛んできたまではわかるのですが、何の検索ワードを入力して飛んできたのかがわからなくなり、 (not provided) としかわからなくなります。

「SSL化=暗号化によるセキュリティ強化」のために、これ以上調べれなくなってしまいました。SSL化は、セキュリティの強化の意味もありますが、検索キーワードをGoogleさんが独り占めできるようになったとも言えます。
(ひと手間かけると検索キーワードわかるのですが、それはまたいつか説明します。)
それでも少しですが、別の方法で傾向を調べることもできます。今後情報を効率よく、またお伝えしたい人に情報が届きやすくなるために、どのような情報を発信していけばいいかを考えていきたいと思います。

皆様も浪速区のローカルメディア「なにわにくらす」に関するご意見等ございましたらお気軽にお送りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました