ニュースリリース

令和元年6月から警戒レベルによる発信になります。

平成30年豪雨で様々な防災情報が流れたが、言い方がわかりにくく、多くの住民が活用できてなかった。
避難情報の危険度の高さがわかりにくい。など
住民の自発的な避難行動を支援するための、わかりやすい防災情報の発信が必要の声が多く聞こえた。

そこで、住民がとるべき行動を5段階に分け、情報と行動の対応を明確化「警戒レベル5段階制を導入」し、言い方が変わるようです。

警戒レベル 避難行動等
警戒レベル5既に災害が発生している状況。
命を守るための最善の行動をとる
警戒レベル4速やかに全員避難先へ避難する。
公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難する。
警戒レベル3避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者は避難する。その他の人は、避難の準備を整える。
警戒レベル2避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認する。
警戒レベル1災害への心構えを高める。

下記の大阪市のホームページをご一読ください。

警戒レベルによる避難情報の発信
警戒レベルによる避難情報の発信について  大阪市では、令和元年6月より、これまでの「避難勧告」等の避難情報の発信を、警戒レベルにより発信する形に変更しました。 警戒レベルを取り入れた避難情報では、【警戒レベル3】では、危険な場所から高齢者..

コメント

タイトルとURLをコピーしました