ニュースリリース

オープンデータを使って災害時避難所マップを作ろう。

今回作成した『大阪市災害時避難所・一時避難場所に関する情報』は、だれでもお使いいただくことができます。お手持ちのサイトに埋め込んだり、QRコードにして使っていただいてもかまいません。また、マップの作製方法を公開することにより多くの人にマップを作り方を覚えていただき、自分のマップを作製していただきたいです。ぜひ自分もやってみようと思われる方はチャレンジしてみてください。
わからないことは、お問い合わせいただければ業務にさしさわりのない限りお手伝いさせていただきます。

免責

本ページに掲載しているデータの使用で生じた結果等については、浪速区まちづくりセンターは一切の責任を負いません。

オープンデータとは・・・行政機関がもつ公共データや、交通機関などの公的企業のデータを、著作権や特許などの規制を受けずに誰でも自由に利用できる形で、自らホームページなどで公開する動き。情報を分析・加工することで、新しい行政サービスやビジネスにつながると期待されている。

大阪市もいろいろなオープンデータを公開しています。災害が起きた時にデータ通信が生きていたことを想定し、ネットに災害時避難所データをアップし、いざという時はそのURL(ホームページのアドレス)をSNSなどで拡散し、多くの人が混乱することなく、最寄りの避難場所に避難して欲しいと考えオープンデータを活用したマップを作りました。

災害時避難所マップを作るにあたって

災害時避難所マップを作成するにあたり以下のことを念頭に入れました。

  • 目的に応じた地図を見ることができる
  • 多くの人が見慣れていて操作しやすいマップを使う
  • 定住する人だけでなく観光に来ている外国人でも理解できる
  • 地図上のマーカーもアイコン(ピクトグラム)にしてどの避難所かわかるようにする

上記のようなことを盛り込めば見やすいかなと思い、作成しました。

まず「 目的に応じた地図を見ることができる 」ですが、地震が起こったことを想定した場合、初動は津波が来るのか来ないのか、それで発災時の初動が変わります。ですので、津波の有り無しで欲しい情報が、津波避難ビル情報なのか、災害時避難場所の情報なのかを切り分けておく必要があります。

次に多くの人が見慣れた地図ということでGooglemapを採用しました。

外国人の方でも理解できるようにするには、避難場所などの名称の日本語以外の表記と、新婚で説明し、それが地図上でも同じアイコンで表示されることが必要かなと思います。

これらのことを意識してやっていきます。

オープンデータのダウンロード

大阪市が作っているオープンデータは大阪市オープンデータポータルサイトにあります。アクセスし検索窓に「災害時避難所」と入力すると該当するデータがヒットします。

プレビューで確認することもできますし、ダウンロードもできます。ここで気を付けるのが同じデータも古いデータ含めて何個かあることがあります。間違っても古いデータをダウンロードしないように確認してください。

ダウンロードしたファイルはCSVファイルという形式で、エクセルで普通に見ることができます。エクセルで見ると違いが判りません。
左からXは経度、Yは緯度、あとは1行に書かれている通りです。これをGoogle mapにインポートすればXとYから経度緯度を読み取り地図上に表示されます。

このままGooglemapに読み込ませればいいのですが、ここで一つやらなければならないことがあります。災害時の避難所は「指定緊急避難場所」と「指定避難所」と「指定緊急避難場所・指定避難所」と「その他(分類なし)」に分類されます。各それぞれの役割と、ピクトグラムを説明し、地図内にも同じピクトグラムを表示させないと、外国人の方が見れば理解ができなくなります。

そこでややデータの整理が必要です。私はダウンロードした「mapnavoskdat_hinanbasyo.csv」を「指定緊急避難場所」と「指定避難所」と「指定緊急避難場所・指定避難所」と「その他(分類なし)」 ごとに分類し、4つのCSVファイルに分けました。分けた意味は後で説明しますが、今回の作業の中でここが一番苦労するところであり、センスが問われる部分です。

地図へのインポート

表示させる情報が整理出来たら今度は地図へのインポートです。Google mapには、マイマップという機能があります。この機能を使い先ほどダウンロードして、編集したCSVファイルをインポートします。

やり方は最初は難しいと思われるかもしれませんが、2.3回やれば簡単です。データのインポートもドラッグアンドドロップで読み込めるので直感的にわかると思います。

データをインポートして地図に表示させるには2つの操作が必要です。住所はどのデータなのか、表示する名前はどれかを選びます。住所は「大阪市浪速区〇〇」形式でも可能ですが、経度と緯度の方が正確に表示されます。経度、緯度の場合は、どの値が経度、どの値が緯度なのかを聞かれるので確認します。下の画像はXが経度ですよと入力するところです。

経度・緯度の確認が終わり、名称の表示が終わると、地図上に施設が表示されます。

そのままでは青のマーカーですので、これを該当するピクトグラムにします。 Google mapのマーカーのアイコンは自分で用意した物に変えることもできます。ここではやり方を省略しますが、習得すると便利ですのでぜひ使えるようになってください。

この時に 「指定緊急避難場所」と「指定避難所」と「指定緊急避難場所・指定避難所」と「その他(分類なし)」 の4つのファイルにわけたのは、このピストグラムをそれぞれ分けて表示させるためです。これを分けずにインポートするとピストグラムは1つずつ表示するもの選択しないといけません。1000カ所以上のデータを目視で確認するのは非常に労力がかかります。
表示別に4つのファイルに分けておき、一斉にアイコンを変える方が簡単で、メンテナンスも用意でおすすめです。
また、レイヤーごとに表示、非表示の切り替えが可能で、操作性も向上します。

最後に地図の公開を決めます。ウェブで一般公開から、知り合いだけにのみ公開、など地図の共有する相手を決めます。今回はホームページで公開すするのでウェブ上で一般公開を選びます。

完成したマップはURLで相手に送ることもできます。

https://drive.google.com/open?id=150PIuoXTBhxND9s-W4dmjlrqIYd8oneI&usp=sharing

この解説でできあがった「大阪市災害時避難所・一時避難場所に関する情報」はこのサイトで公開しています。

上記地図の使用に関して

Google Mapの利用に関しては、Google Mapの利用規約に従ってください。

Google マップ/Earth 追加利用規約 – Google

コメント

  1. キワ千代 より:

    ちょうどマイマップ扱い始めてたので助かりました!なんてタイムリー
    これからもよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました